ありがとうございました☆

オペラ「ヘンゼルとグレーテル」公演

おかげさまで、無事に終了いたしました



昨日のことが
なんだか夢の中のできごとだったような…

不思議な感覚です

この舞台の演出をされるはずだった
亡き、大谷洌子先生への思いを、
創り手の側はもちろん、
お客さまもいろいろお持ちになって
今日という本番があるんだと思うと、
心臓が痛くなるくらい大緊張しましたが、
緊張しながらも
舞台の上で、すごく幸せな気持ちだったのは、
きっと舞台の神様と
昨日も絶対劇場にいらしていたはずの
(↑思わぬ雨が降りましたもの
先生が守ってくださってたからだと思います

会場いっぱいにお運びくださったお客さまに
大谷先生が築いてこられた、
あったかくて、可愛らしい物語の世界を
ご覧いただくことができて、幸せでした

応援してくださった大勢の方々、
お世話になったスタッフの皆さま、
ご指導くださった先生方、門下の先輩方、
そして、共演させていただいたみなさま…

心から、ありがとうございました

そして
大好きなヘンゼルくん
ありがとう

大谷先生が、
最後に私にくださった宝物ですから
お別れするのは本当にさみしい

ヘンゼルくんは、どんな子だろう…
どんな仕草をする子だろう…
どんな話し方?歩き方?
どんな性格なんだろう…
妹のこと、かわいくてしかたないんだろうな…
etc…

考えれば考えるほど、楽しかった

本当は、自分の声の役ではないけれど…
また会いたいなぁ

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)